上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
08.10.11  

いよいよチャペルにて挙式です。

以前、紹介したことがありますが、こちらのチャペルは壁に銀が施されておりとても重みがあります。

ホールの扉を開けると街を見下ろすガーデンになっていて、そこからの眺めは「これが東京・・・」と思ってしまう程静かな街並み。

本当に雰囲気が素敵なんです。

そのチャペルに親戚や親しい友人が集まり、新婦であるななとエスコートする花嫁の父(つまり主人)を迎えます。


     入場 大

いままでチャペルでの結婚式に出席すると、必ずこの入場の場面で号泣していた私。

しかし、何故か自分の娘の結婚式なのに涙は出ませんでした。

やっぱり緊張していたのでしょうか・・・

主人がうまくエスコートできるかどうか、つまずいて転びはしないだろうかなどと余計な心配してたのもあるのかな。

それでも、無事に新郎であるとりさんにななを渡し、ほっとした表情で私の隣に並んだ主人は少し寂しそうにも見えました。


  指輪

   
                 証明書



式はおごそかに進み、無事に終えることができました。

とても良い式だったと思います。

しかし、しかしです・・・

この大切な式の間、私は思い出を噛みしめたり感動に浸ったりという事がほとんど出来なかった。

いや、泣くことは泣きました。それもかなり。

でも、その涙は感動の涙というよりも・・・


そう、その原因は息子です。

私の隣に並んでいた息子「しゅう」。

チャペルウエディングですから、式が始まると賛美歌を歌います。

歌詞がくばられ、伴奏が始りみんなが歌い始めました。

「い~つくしみふか~き と~もなるイエスは~♪」

私も気持ち良く歌い始めたのですが・・・

なんか、左上のほうからおかしな歌声が。

喉を開けたような閉めたような、テノールのようなボ-イソプラノのような。

「なんでこんなおごそかな式の最中に、ふざけて笑いとろうとしてんのかな、しゅうは

っと少しキレぎみにしゅうの顔を見上げると

なんとしゅうは、真面目な顔で真剣に歌っていたのです。

「えっ、真剣に歌ってる・・・これは怒る訳にはいかないよね」

けれど、その歌い声が私のツボにハマってしまって、もう可笑しさを堪えようにも堪えられません。

笑いを堪えようとすればするほど可笑しくて、涙が止まらなくなってしまったのです。

はぁ~自分の娘の結婚式に感動の涙ではなく、笑いを堪えようとして涙が止まらない花嫁の母。

なんなんでしょ~ね、これは。

厳粛な空気ブチ壊しですよ、まったく。

時間が経った今は、これもいい思い出になったと笑い話にしている我が家ではありますが。


  ブログ用 チャペル



スポンサーサイト
2008.11.25 / Top↑
昨日のつづき、会津の紅葉です。

デジカメのバッテリーがなくなってしまい、携帯写真なのですが見てやってくださいな。


★ 鶴ヶ城 石垣の下から

   017.jpg


   
もう少し、会津の紅葉を見てみようかなという方はクリックをどうぞ。

   ↓

   ↓
... 続きを読む
2008.11.20 / Top↑
気がつけば11月も半ば過ぎ、本当に久しぶりの更新です。

かなり前から目の調子が悪かったのですが、疲れのせいか最近本当に辛くなりしばらく家でパソコンをいじるのを控えてました。

10月11日の娘の結婚式からもう一か月も経ってしまいました。
新鮮味に欠けてしまい大変申し訳ありませんが、今後も我慢して読んでやってくださいね。

しかし、今日はとりあえず新鮮味をだすために一昨日ふらっと出かけてきました福島県会津若松の様子をすこしばかり載せておこうと思います。

すでにまた眼の調子が怪しくなってきています。
写真にて、秋の会津を感じていただければ嬉しいです。


08.11.17 福島県会津若松  

  ★ 鶴ヶ城の紅葉

  鶴ヶ城

  
  銀杏の黄色


すみませ~ん・・・

もう眼が限界です。

まだ載せたい写真があるのですが、今日はここまでにしたいと思います。 



2008.11.19 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。