上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
  夕陽08.4.28  


08.4.28 近くのガソリンスタンドに給油をしに行く途中、西川沿いの土手から撮りました。

田植え前の、水が張られた田んぼ・・・私はこの時期の風景がとても好きです。
スポンサーサイト
2008.05.29 / Top↑
  昼ごパン


今日のお昼は、「ブレッド・カフェ ハックルベリー」のパンでした。

右上から、「三角ボンレスハムタマゴサンド」、その左「ブルーベリーデニッシュ」、その左下「ジャーマン・・・??」すみません、忘れました。
その右のワッフルは、職場のあっこくん(♀)から貰いました。
そして一番手前の白いヤツ、これが今日の私の興味津々の的「トマトとひき肉たっぷりドリア」です。

    中身はこんなです ↓

  ドリアパン
   

ドリアということは、ご飯にホワイトソース・・・
と思っていたら、表面にブツブツくっついているのが、ご飯で、パンの中はミートソース(っぽい)でした。
表面のご飯粒がかなり硬くて、噛みしめると奥歯にすっごくくっつくんですよね。
う~ん、残念ながら、ちょっと期待はずれ。

一番の興味の対象だったパンは残念でしたが、そのほかのパンは結構美味しかったですよ。
特に、あっこくんから貰ったワッフルは、フワフワの生地で中のクリームが美味でした。
え~と、どこのパン屋さんで買ったって言ってたかな・・・
西蒲区の・・・え~っと、え~っと・・・忘れました。


あぁ・・しかし・・・

「ダイエットはどうなったんだい!?」

   っと、今更自分に問い掛けてみる・・・



2008.05.28 / Top↑
その日(08.5.20)、お昼休みに友人と食事の約束をしていました。

遅れないように時間を計って仕事を片付け、待ち合わせの場所へ。
ところが、定休日でもないのに、なぜかお休み・・・なんでだ?

しかたがないので、すぐ近くの馴染みのお店へ。
今度はなんと満席・・・そ、そんなぁ~。

どうしようかなぁと紫鳥線を走っていると・・・
「んっ・・なんだ? あれ、こんなところにこんなお店あったっけ?」
通り過ぎそうになったけど、急ブレーキで急右折。

わぁ~かわいいお店だ~!

  おとぎ屋珈琲店 外観

  「おとぎ屋珈琲店」 と書いてあります。


さっそく友人と店内へ。

    ↓

    ↓


... 続きを読む
2008.05.26 / Top↑
かなり前の事で恐縮です。

08.04.21、やすらぎ提散歩の時に撮ったチューリップの写真です。

この間の、「桜」の記事に続き、またまた時期はずれ。
なんだか、カテゴリーに「時期はずれシリーズ」ができそうですね。

まぁ、我慢して見てやってください。

           
  やすらぎ提 チューリップ 赤
  
         
  やすらぎ提 チューリップ 黄


  

  20080421232709.jpg


                  20080421223743.jpg


下の2枚は携帯で撮りました。
以前、携帯から記事を投稿していますが、また載せちゃいました。

その時に、一番下の赤いチューリップの写真を、ブログのお友達のぺんたっちさんが「飴細工のよう・・・」と褒めてくださったので嬉しくなり、今、私の携帯の待ち受けになっています。

まったく、ちょっと褒められればすぐ調子に乗ってしまう私です。




   ★ おまけ・・・

たんぽぽ


   ↑ たんぽぽ      ゆきやなぎ ↓

ゆきやなぎ


2008.05.25 / Top↑
さてさて、先日の「ぶらり福島半日の旅」はいよいよ最終回。
今日は、お土産の紹介ですよ♪



★ まずは、一番のお目当て、かんのやの「ゆべし」
                   ↓
  かんのや ゆべし


野口英世記念館を出ると、すぐ隣のみやげ物屋さんの店先で、実演販売してました。
       ↓
  かんのや 


会社で、みんなで食べたのですが、そう簡単には食べられません。
「ゆべし」を口に入れようとしているSさんの手を、むりやり止めて写真撮影。
けしの実がいい感じです。

  ゆべし


私が、この「ゆべし」を最初に食べたのが、友人から福島みやげとして貰った時。
それ以来病み付きです。

私は、それまでは「ゆべし」があまり好きではなかったんです。
でも、この「かんのや」さんの「ゆべし」だけは別格。
食感は、「モチモチ」というより、「ムチムチ」といったほうが表現として合ってると思うのですが、どうでしょう?
うっすら味の付いたゆべしの中に、品の良い甘さのこし餡が入っています。

♪ かんのやさんのHPはこちらです → http://www.kannoya.co.jp/




そして、福島のお菓子といったらこれっ!

★ 「ままどおる」(株式会社 三万石)
       ↓
  ままどおる


同じようなお菓子は全国にたくさんあるけど、「ままどおる」の美味しさは群を抜いていると思う。
甘さがクドくなくて、さっぱりしているんです。
こういうお菓子って、ちょっとパサついてる感じで喉とおりが悪いですよね。
でも、「ままどおる」は、口の中でモサモサしないから、いくらでも食べれます。
それがわかっているから、今ダイエット中(一応・・)の私は一番数の少ない包みを買ってきました。
包みを開いてしまったら、歯止めがきかず、全部食べちゃいそうで怖いですから。

♪ 株式会社三万石さんのHPはこちらです 
       ↓
   http://www.chuokai-fukushima.or.jp/ksk/mamador/




そして、「ままどおる」のすぐ側に置いてあった飴を目ざとく見つけました。

   ふる里あめとままどおる

 ★ 野口英世のふるさと飴

  英世の金太郎飴

どこを切っても、英世の顔。
ご存知、金太郎飴の野口英世バージョン。
ウケ狙いの品って感じではありますが、まぁ記念ですから・・・


その他に、「牛タン」と「馬刺し」も買いましたよ。

あっ、まぁ・・私はどちらも食べれませんが・・・


2008.05.21 / Top↑
野口英世記念館を出てお目当てのお土産を買い(お土産の紹介はまた後程)、帰り道です。


私のあてにならない記憶では、「野口英世の生家のすぐ裏に猪苗代湖があった」はずだったのですが、記念館から猪苗代湖まではかなりの距離がありました。(本当にあてにならない・・)

ところが、国道49号線(たぶん)を走り始めると、左てに猪苗代湖を見ることができました。
ずっと、猪苗代湖に沿うように道路が走っているのです。
右てには、磐梯山の姿も見えます。

しばらく行くと、湖に遊覧船の姿が。
「うわ~白鳥だぁ~亀もいる~!!」ということで車を停めて、湖のほとりで休憩です。

  猪苗代湖 遊覧船



  翁島港

ここは、「翁島港」という港なんですね。
桟橋もちゃんとあって、遊覧船が乗船客を待っている風情です。


  ↓ そして、猪苗代湖のむこうにうっすら磐梯山が・・・

  猪苗代湖と磐梯山


しばらく、湖畔の雰囲気を楽しみ、また出発です。
あとは、どこも寄らずに新潟へまっしぐら!・・・と思ったんですが・・・

「あぁ~観音様だ!!観音様後ろ向きだ!ここ会津村だ、会津村だよ!!」
ということで、会津村の駐車場へ。

時間がないので中には入るのは断念。
斜め後ろからの観音様を写真におさめて、それでも、すっかり満足な私です。

  
  031.jpg


                       会津村 観音様


陽が西に傾いて、少し風も強くなってきました。
さぁ、暗くならないうちに、新潟へ帰りましょう。

早く帰って、お土産のお菓子味見しなくっちゃ!(おいおい、結局そっちかい!)


   ♪ 次はお土産の紹介ですよ ♪ 

2008.05.20 / Top↑
昨日は、福島に行って来ました。

いつものことなんですが、前々から計画していたわけではなく、休日の昼頃ふらっと出かけるという感じです。

最近思うんですけど、今って道路がいいから他県といえども簡単に短時間で行ってこれるんですよね。
小学校の修学旅行で、初めて福島県に行ったときは、恐ろしく遠い所という印象だったのに。


さて、今回は猪苗代湖のほとり、野口英世記念館を訪ねました。

  野口英世記念館


小学校の修学旅行で初めて訪れてから、私はたぶん3度目だと思います。
その最初の時と比べると、今はすごく整備されていてきれいです。
生家は屋根付で保護されていますし、あちこちにモニターがあり、生い立ちなど紹介しています。

  英世の生家



英世が1歳半のとき火傷をした囲炉裏

  英世生家のいろり

ほとんどの人が伝記を読んで知っていると思いますが、この囲炉裏に落ちた英世は、手を火傷し指がくっついてしまいます。
そのため、小学校の頃は「てんぼう、てんぼう」とはやし立てられることも・・・
しかし、母や先生の励ましもあり成績はどんどん上がります。
そして高等小学校に進学。
その頃、英世が書いた「思い通りにならない手の指を恨めしく思い、くっついている自分の指を小刀で切り開こうとした」という作文に先生級友が涙し、カンパでお金を集め英世に手術を受けさせてくれたのです。
これが、医学研究に生涯をかけた野口英世博士誕生のきっかけだったといえるでしょう。

思うのですが、この辺が今の世の中と大きく違うところですよね。
手に障害がある、「てんぼう」とはやしたてる、今なら悪質ないじめに発展しそうな状況と言えます。
しかし、苦しんでいる英世に対して周りはちゃんと情を持っています。
それは、負けずに頑張っている英世に対する尊敬の気持ちもあるのでしょうが、人が人に対する温かい気持ち・・情というものが、今より昔のほうが強かったように感じます。

生家を見学してから、記念館でいろいろな資料を見たのですが、母から英世に宛てた手紙などは、心にジンときます。
医学界で認められ、アメリカで研究を続ける息子英世に、たどたどしい文字で「帰ってきてほしい」とうったえる手紙。
母にすれば、自分の不注意で火傷をおわせてしまったと後悔し、なんとしても息子を立派に育てなければと働きづめだった毎日。
しかし、出世してみればまた自分から遠く離れてしまったような気持ちになり寂しかったのでしょうね。

ところで、小さい頃に読んだ小学生向けの伝記には、こんなこと書いてあるはずありませんが、野口英世という人は、金銭感覚に乏しかったようです。
アメリカに出発する前に、福島の親戚縁者、恩師などが用立ててくれた資金を、遊興で使い果たしています。
その時も友人が工面してくれ、なんとかなったようなのですが、天才というか集中力のすごい人は、集中していること意外は無頓着だったりするのでしょうか。
生涯、貯蓄もなく借金とは縁が切れなかったようです。

けれども、そんなことは、野口英世が残した功績に比べればたいしたことではないのかもしれませんが。


「志を得ざれば 再びこの地を踏まん」

19歳で上京するときに、生家の柱に刻んだこの決意文が、英世の並々ならぬ決心を感じさせます。
その後、アメリカに単身渡り研究に没頭する日々。
そして世界に認められた英世は、研究中であった黄熱病に感染し51歳の若さで生涯を閉じたのです。



最後に、私は野口英世と誕生日が同じです。(まぁ、どうでもいいことかもしれませんが・・)
たしか、最初にこの記念館を訪れた小学生のときに知りました。

もちろん、私は彼のようにすばらしい脳みそも、眠らずに研究を続けるような集中力も持ち合わせていませんが、お金を貯めることができない・・その辺だけは似てるかなって、勝手に共通点を見つけては親近感を感じているわけであります。

2008.05.19 / Top↑
母の日に、娘から、カーネーションと一緒に送られてきたケーキ。

「京都美山 ビーンズカフェ 京和楽」 と書いてありました。

  母の日ケーキ


     002.jpg



そして、その日上越に出かけた帰り、柏崎でたまたま見つけたコーヒー。

「京都西京極 小川珈琲店」 のものです。

  京都のコーヒー



偶然とはいえ、なんだか京都づいている・・・?


  京都産ケーキ&コーヒー


ケーキは黒豆入り、おっきな黒豆がごろごろはいってます。
豆好きの私にはたまりません。

う~ん、コーヒーもいい香りです。

憧れの京都のものでおやつタイム、ちょっぴり贅沢気分な私です。

2008.05.18 / Top↑
夕食後、何気なくテレビを見ていました。

たまたまでていたのは、フジテレビの「アンビリバボー」。
なんとなく見ていたはずなのに、どんどん引き込まれていき、とても感動し最後には涙が・・・

御母衣ダム建設にあたり、ダムの底に沈む村の人々の心のより所であった老木の桜を救うため、苦難に立ち向かった人たちの話でした。

岐阜県荘川村ある、県の天然記念物「荘川桜」の話。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
     ↓
http://www.jpower.co.jp/sakura/index.html


この話に感動して思いついた訳ではありませんが、今日は桜の写真を載せたいと思います。

今年の桜の一番きれいな時期、私のパソコンは壊れていました。
咲き始めにウキウキし、満開に感動し、散る頃には寂しくなり、その時々に撮っていたのですが、パソコンが壊れてしまって、載せることもできずに眠っていた写真です。

時期はずれではありますが、どうぞごらんください。

   ↓

   ↓

... 続きを読む
2008.05.15 / Top↑
昼頃、自宅を出た時は暗い曇り空だったのに、高田公園にいる間に時々陽も射して空が明るくなってきました。

上越からの帰り道は、北陸道には乗らず国道8号線→国道116号線→国道352号線→国道402号線と走ってきました。

柏崎米山で、ちょっとしたお土産を買い、ジェラートを食べながらまた走りだします。
その頃には海のほうはすっかり晴れていて、西に傾いた陽に照らされて小さい波がキラキラ。
とてもきれいです。

出雲崎で間近で海を眺めようと、天領の里の駐車場に車を停めました。

  海 親子

二歳くらいの女の子とお父さん。
手をつないでゆっくり歩いて、時々立ち止まっては海を眺めています。

勝手に写真撮ってしまってごめんなさい。
でも、このほんの一瞬に思わずシャッター切っていました。

子供って、小さいときに、こうやって親とつないだ手のぬくもりを絶対忘れないと思う。
たとえ記憶として頭に残っていなくても、心の中にインプットされていると思います。
そして、自分が親になったときに、また自分の子供の手を自然に、優しく、しっかりと握ってやることができると思うのです。

もちろん親だって、小さかった子供の手が自分より大きくなったって、その時の感触を忘れることはありません。
たぶん、死ぬまで覚えているでしょう。

浜辺を歩く親子に、ほのぼのしながらも、子供たちが小さかった頃の事を思い出し、少し感傷的になった私でした。

  出雲崎 海
  
海の色が、冬とは全然違います。
なんだか、初夏のような・・・
むこうに見えるのは、角田山かなぁ・・・

そんなことを思いながら、海岸沿いの道を新潟市へと走り始めました。

新潟市に入った頃には、空がうっすら紅く染まり始めていました。

通りがかりの靴屋さんで、母の日のプレゼントを買いました。
涼しそうな草履を2足(草履って足っていう数え方でいいのかしら・・・)
主人と私の母親に、それぞれプレゼントを渡し、実家を出る頃には夕焼けがとてもきれいでした。
写真に撮れなかったのが残念です。

たった半日のちっちゃなお出かけでしたが、感動と癒し、盛り沢山の素敵な休日でした。



2008.05.13 / Top↑
やまだラーメンに向かう途中に通った「高田公園」。
ラーメンを食べた後、せっかくなので寄ってみようということになりました。

桜の名所として知られるこの公園を、知ってはいても訪れたことはありませんでした。
「日本三大夜桜」のひとつとして数えられるだけあって、道路の両脇、その奥の公園内にも、立派な桜の木が並んでいます。

花の時期ではないのが残念でしたが、新緑が本当に綺麗で、気持ちがほぉ~ってなりました。
清々しくて、ほっと安心するようなさわやかさを感じます。


   ★ 高田城三重櫓

  高田公園 三重櫓
 
 ↑ お堀の外から見た三重櫓です。
この三重櫓は、上越市発足20周年記念事業として、平成5(1993)年に建設されたものだそうです。
平成18年には、「日本歴史公園100選」のひとつに選定されています。


写真がいっぱいです!続きをごらんくださ~い!!
  ↓

  ↓

... 続きを読む
2008.05.12 / Top↑
新潟市は曇り空、時々雨もパラつくお天気です。

母の日のプレゼント調達がてら、ちょっと出かけてみようということで、上越市へ車を走らせました。
お目当ては、にほんブログ村、地域ブログの新潟情報で見かけたラーメン屋さん「やまだラーメン」。
お昼頃家を出て、北陸自動車道を走ります。

途中、米山P・Aで休憩、塗ってある味噌だれに惹かれて、五平餅を買いました。

   五平餅


五平餅って本当はわらじ型のが一つ、串にささっていますよね。
でも、これは食べやすいように丸いのが三つ一本の串に。

初めて食べてみたんですが、餅というより潰したご飯をかためたって感じでした。
ご飯の名残のツブツブが残っていて、多分これが五平餅というものなんでしょうけど、私は本当のお餅を想像していたので、少し以外でした。
でも、たれは甘すぎず、美味しかったです。


さて、北陸道を上越インターチェンジで下りて市街地へ。
「やまだラーメン」を捜します。
夜桜で有名な高田公園を横目に上越大通りに出てしばらく走ると・・・あっ、ありました!
県道沿いで分かりやすかったからよかった。

「やまだラーメン土橋店」

  やまだラーメン

   ↑ こちらは「ラーメン」 550円

   そして餃子 ↓ 

  やまだラーメン 餃子


午後2時くらいだったんですが、けっこう混んでました。

味はシンプルなほうだと思います。
クセがなくて食べやすいと思いました。
メンマが美味しかった、ちょっと硬めで薄っぺらすぎなくていい感じでした。
欲を言ったら、ネギがイマイチだったかな・・・
でも、五平餅食べた後でもスンナリ食べれる、そんなラーメンでしたね。

私はわりと最近(2~3年前)まで、醤油ラーメン専門だったんですが、この頃、複雑な味のラーメンも食べるようになりました。
スープが美味しい味噌ラーメンは好きです。
(野菜が上にガバッと乗っていて、麺を掘り出さないと食べれないような味噌ラーメンは嫌だけど・・)

飽きがこない感じの、こういうシンプルなラーメンは久々に食べた気がしました。



★ 次回は新緑の高田公園を紹介します。


2008.05.11 / Top↑
娘から、母の日のプレゼントが届きました。

赤いカーネーションとケーキです。

なな、いつもありがとう。

   002.jpg



これから私も、母の日のプレゼント捜しに行ってきます。

まだ、何にするかも決めていない・・・

いつもながら、準備が遅いね、私は。

2008.05.11 / Top↑
連休に帰ってきた娘(なな)。
私の実家の両親のところへ、東京の「ひよこ」を手土産に元気な顔を見せに行きました。

ななにしたら、「おじいちゃんおばあちゃん」である私の両親は、ななの事が大好き。
特に父は、ななを呼ぶ時の声が普通じゃない。
こういうのを本当の猫なで声と言うのではないかって思う・・・そんな声です。
私がいままで生きてきて、一度もあんな声で父に呼ばれたことないですから(苦笑)
まぁ、孫は子より可愛いって言いますからねぇ・・・

なんだかんだと近況などを楽しくおしゃべりし、さて、「ひよこ」でも食べるかという事になりました。
父が嬉しそうに包み紙をはがし、食べようとひよこの顔をみると・・・

    042.jpg

   

 「なんだこれっ、顔がつぶれてるねっか!?」  (なんだこれは、顔がつぶれているじゃないか!?)
 「やぁ~ら、どういんだろコレ!」  (いやだわ、どうしたのかしら、これ。」

母も、別のひよこの包み紙をはがしてみます。

 「おやっ、これはだいじょぶらわ。とうちゃん、紙とるときに自分でつぶしてしもたんじゃねんだ?」 (あら、これは大丈夫だわ。お父さん、紙を剥がす時に潰してしまったんじゃないの?)

 「いいやっ、おれはつぶしてねぇ!」  (いやっ、俺は潰してないぞ!)
 
   ( )内は標準語訳です。


父は、ひよこの顔がつぶれていることが自分のせいだと絶対に認めようとしません。
可愛いななのお土産を自分でつぶしたなんて認めたくないんでしょうね、きっと。

微笑ましいような滑稽なような、その様子を笑いながら見ていた私たち。
ななのお土産ひとつで、こんなに笑いがとれるやり取りができるなんて、まだまだ元気な証拠。
そう思いながら、一緒に美味しく食べた「ひよこ」でした。


2008.05.10 / Top↑
初めて記事を投稿したのが、去年の5月6日。

ブログを始めて、今日で1年経ちました。

家にあったパソコンの有効利用を娘に相談したのがきっかけでした。
去年のゴールデンウィークに帰ってきていた娘があっという間に設定。
「あとは記事を投稿するだけだから、じゃっ、頑張ってね!」と言って帰って行ったのです。

「えっ、どうすればいいの・・・」しばらくは放置状態。
だけど、どうにかしたい私はゴールデンウイーク中に行った松之山の美人林の写真を載せたのでした。

まだ、デジカメも持ってなくて携帯で撮った写真。
そして、文章はたった1行。

恥ずかしいですけど、1周年の記念なので、初投稿の記事を載せることにします。

07.5.6 松之山の美人林http://yorisan.blog103.fc2.com/blog-entry-2.html

本当に恥ずかしいです。
でも、初心を忘れないためにも、この記事は大切にしていきたい。
この記事から始まって、皆さんに支えられながら今日までこれた事に感謝したいと思います。


「自分らしい文章を素直に書いていこう。」 そう思っています。

お世話になった皆さん、仲良くしてくださった皆さん、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
2008.05.06 / Top↑
連休を利用して新潟に帰って来ていた娘が、昨日、東京へ戻って行きました。

せっかくの休日、ゆっくりしたかったのだろうに、私のパソコン購入と帰省のタイミングがバッチリ合ったばっかりに・・・

だけど、やっぱり期待通り。

大活躍してくれました。


5月2日の夜遅く帰って来てその翌日、パソコンのセッティングをお願いするというより無言の圧力をジワジワかけていた私。

それを察知したらしい娘、すっくと立ち上がり、梱包をといてさあ始まりました。

   ななパソコンセッティング 1


   ななパソコンセッティング 2

本体、モニターを並べて、あちこちコードを繋げてます。実に手際良い!
     
    

   なな 4

時々、取り扱い説明書を見ては・・・
     
     

   なな 3

パソコンラックの下に潜り込んだり。
     
     

   なな 5

アイスクリームを食べながら設定する余裕。
     
     

   057.jpg

う~ん、これで完璧かなと確認して・・・
     
     

FMV

じゃ~ん!完了で~す!!


せっせと作業する脇で、お菓子食べてお茶飲んでるお気楽な私。

調子に乗って、

より 「あっ、プリンターの設定も頼むわ!」

なな 「それくらい自分でやれ!」

・・・と、断られました。

そうね、そうよね、自分のパソコンなんだから少しくらい自分でやらなきゃね。


そしてその夜、かえるの声(前記事)をどうしてもブログに載せたい私が四苦八苦しているのを見かねた娘。

疲れて寝てしまった私が朝起きてみると、管理画面に動画を載せて下書きしてありました。

あぁ、なんてありがたい。

そして娘に頼りきっている私は、なんて情けない親。


ありがとう、なな。

あなたは本当に頼りになる娘です。



2008.05.06 / Top↑
この連休を利用して田植えが盛んなわが家の周りの田んぼ。

水が張られ整然と苗が植えられた田んぼは、夜ともなればかえるの大合唱が始まります。


  聞いてください、かえるの歌です ♪♪







★ 田植え中の様子を家の窓からパチリ!

  田植え作業中
 

★ 田植えが終わった昼間の田んぼ

  田植えの終わった田んぼ
 


2008.05.05 / Top↑

やっと、設定完了で~す!!

   FMV



またパソコンから、更新、訪問させていただきます。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

2008.05.03 / Top↑
  20080503160716.jpg


東京みやげの定番としてあまりにも有名。

娘が東京で暮らすようになってから、新潟に帰るたびにいろいろ買ってきてくれますが、私はこの定番化されて、いささか飽きられぎみの『東京ばな奈』と『ひよこ』がやっぱり一番東京っぽくて好きです。

新しいパソコンを設定してくれている娘の脇で、東京ばな奈をムシャムシャ食べてお茶を飲んで…お気楽な私です

2008.05.03 / Top↑
   20080503020810.jpg


う、嬉しい…

4日間の休みはやりたいことがいっぱいです。

掃除したいところもあるし、買い物にも行きたいし、ちょっと遠くにも出かけたいな。
やっぱり新緑の山だな。

でも、その前にあれ…まずパソコンをどうにかしなくては。

今、新潟駅で東京から帰ってくる娘を待っています。

彼女がいれば百人力!
新しいパソコンを、なんとかしてくれるに違いない。

すっかりあてにしながら、新幹線が到着するのを車の中で待つ私です。


写真は今日の夕方、夕焼けそして信濃川。


2008.05.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。